ゴルフクラブ

センターシャフトパターでパット数大幅改善!打ち方・メリット、使用プロを紹介

年々プロ達の間で使用者が増えてきているセンターシャフトのパターですが、一般のゴルファーは「フェース向きを合わせづらい」・「芯に当てづらそう」などのマイナスイメージを持っている人も多いのが現状です。

しかしセンターシャフトという特異な構造がもたらすメリットは、パターが苦手なあなたの救世主になりうるポテンシャルを秘めているんです。

今回はそのセンターシャフトパターの持つ特徴や打ち手に与えるメリットを紹介していきますのでパター選びの際の参考にしてみて下さい。

センターシャフトパターとは

上図のようにパターヘッドの中心部分にシャフトが装着されているパター。シャフトがヘッド重心位置に近い位置へ装着されているため、シャフト延長線上に重心位置があるという特徴を持ちます。その構造上、フェース面がセンターシャフトの中心線より前に出ている(オフセット無し)為ボールの置く位置は左足寄りとなります。

センターシャフトパターを使用するメリット

マイナスイメージの強いセンターシャフトパターですが、実は初心者や女性ゴルファーが最も馴染みやすいパターのタイプという実績もあります。

キャロウェイが初心者用セットのパターを選定する際に、実際に初心者に様々なタイプのパターを打ってもらったところ、「真っすぐ打てるイメージが湧く」・「一番構えやすい」などの評価が最も多く、実際のセットに組み込んだのがセンターシャフトパターとなったという話がある位です。

では、さっそくセンターシャフトパターのメリットを紹介していきます。

圧倒的な構えやすさ

センターシャフトパターの最大のメリットはシャフト延長線上に重心位置があるという特徴上、目標に対して真っすぐに構えられる安心感が他のパターに比べ段トツです。要はアライメント(一列に並べる)が取りやすいということで、フェース面がシャフトよりも前にあるセンターシャフトパターはオフセットの有るパターよりもターゲット方向に対して並行に立ちやすく、結果、下図のようにカタカナの『ユ』の形の理想のアドレスが取りやすくなります。

センターパターシャフト 理想のアドレス

さらに、シャフトの位置=スイートエリアとなるので、ボールに対してのフェースセット位置が見た目上わかりやすいという点や、シャフトを基準にヘッドを引いて打つだけなのでスイートエリアにヒットさせやすいのも、構えやすさの一因となっています。

スイートエリアが他のパターよりも狭いというデメリットもある反面、芯にヒットさせるイメージが湧きやすい為、初心者や女性が直感的にプラスイメージを持つのかもしれませんね。

こんな人におすすめ
  • カップに対してフェースの位置を決めるのが苦手な人
  • 振り子のようにパッティングしたい人

シャフトの位置=スイートエリアという構造のセンターシャフトパターと相性の良い練習機器も別記事で紹介しています。レーザー光を使用したパッティング練習機器で方向性や距離感に不安のある方は下記記事もあわせてご覧になってみて下さい。

最新パター練習器具!レーザーコーチパッティングの使い方やメリットどうも、ミッツ(@Mitsu0202H)です。 あなたはパターの距離感を把握できていますか?インパクトはスクエアにヒットさせること...

打感がダイレクトに伝わる

シャフト延長線上に重心位置があるためインパクトの力が直接手元に伝わります。これはヘッドとシャフトの一体感を感じられる事によりストロークの分だけ力が効率よくヘッドに伝わり転がりがイメージがしやすくなります。距離感の精度も向上していくメリットが期待でき、普段ショートしがちなゴルファーはセンターシャフトパターに変えるだけで転がりが改善される特徴があります。

インパクトのパワー=ストロークという特徴を持つセンターシャフトパターなのでストロークの安定感は必須と言えます。これこそがセンターシャフトが難しいイメージを持たれる原因だと僕は思いますが、そのストローク軌道にシビアな反面、これをプラスに捉えればストローク技術向上にも役立つのがセンターシャフトパターだとも思います。

こんな人におすすめ
  • 自分の感覚重視でパッティングしたい人
  • 距離感に不安がある人
  • 転がりに不安がありショートしがちな人
  • ストローク技術をレベルアップさせたい人

方向性の精度アップ

オフセット有のパターはシャフトよりヘッドが遅れて来るのでフェースの向きを意識しづらいですが、オフセットが無いセンターシャフトパターはインパクトの瞬間にヘッドとシャフトが同じ位置にいるのでタッチの瞬間に時差が無く、フェースの向きを意識しやすく引っ掛けなどのミスを抑えることが出来ます。

上記でもお伝えした通り、センターシャフトパターはストロークの分だけ転がるため、曲がるラインなどでイメージを出しやすいという特徴もあります。ボールがどこから減速してどこから曲がり始めるかなどのイメージをストロークイメージに応じて想像・再現できるので結果としてパット精度の向上に繋がるのです。

こんな人におすすめ
  • フェースの開閉が気になる人
  • 特に慢性的な引っ掛け癖のある人
  • フック・スライスラインのラインイメージが持てない方

センターシャフトのデメリットは?

センターシャフトパターが「真っすぐ打てる」理由として、フェースバランスタイプ(ヘッドがストレートに動きやすいタイプ)になっている事が言えます。言い換えると、センターシャフトパターはノン・フェースバランスタイプ(イン・トウ・インに動きやすいタイプ)とは違い、フェースローテーションしにくいパターと言えます。

これがセンターシャフトのメリットでもありデメリットとも呼べるところで、プッシュアウトなどを誘発する要因ともなってしまうのは事実としてあるので、全てのゴルファーに合う万能なパターではない事は頭に入れておくと良いでしょう。

センターシャフトパターの打ち方

センターシャフトパター 打ち方

センターシャフトパターの打ち方ですが、基本的に「これをやってはダメ!」という打ち方は無く、あなたが気持ちよく打てるスイングであればそれで構いません。

中にはセンターシャフトパターはアーク軌道のストロークはしてはいけないという方もいらっしゃいますが(構造上ストレートストロークの方が向いているので気持ちはわかります)全然そんな事は無いです。

ただ特殊な構造のパターなので、その構造に合った押さえるべきポイントは押さえておきましょう。

セットアップ位置

センターシャフトパターのオフセットがないという構造上いつも通り構えると球が右に出やすい傾向があります。センターシャフトパターに合ったセットアップとしては、普段よりほんの気持ち左足側にセットする方がストレートに球が出ていきやすくなります。

肘のアングル

センターシャフトパター 打ち方(肘のアングル)

パターのアドレスの際、上図のように肘にアングルを付け(肩・肘・手の5点で5角形を作るような)スイングする方もいると思います。この方法でも全然問題はありませんが、アングルをつけずに(肘を伸ばして)ストロークに柔らかさを持たせた方が、イメージの出しやすいセンターシャフトパター向きのストロークになります。

ちなみに、パターの巧手谷原秀人プロもセンターシャフトパターを愛用しているプロの一人ですが、その谷原プロも肘の角度はストレートで柔らかくスイングしています。

冒頭でも書きましたが、センターシャフトパターだからと言ってこの打ち方でなければならないということは決してありませんが、上記2点はこのパターの構造に対して理にかなったスイングとなるので、もしセンターシャフトパターを導入したけどイメージ通り再現できない方は一度この2点を試してみてはいかがでしょうか。

ツアープロ使用者(男女)

JPGA・LPGAで平均パット数が上位のプロの中でセンターシャフトパターを使用しているプロ達を見てみましょう。

男子

  • 片岡大育プロ(2016年平均パット数2位)
  • 谷原秀人プロ(2016年平均パット数3位)
  • 金庚泰(キムキョンテ)プロ(2016年平均パット数7位)

女子

  • 鈴木愛プロ(2016年平均パット数2位)
  • キム ハヌルプロ(2016年平均パット数8位)
  • 申 ジエプロ

平均パット数上位でパターの名手と言われる名だたるプロ達もセンターシャフトパターを愛用しているので、どれだけセンターシャフトパターがクラブとして支持されているかがわかります。

スコアの約40%をも占めるパットですから、当然プロ達もシビアにクラブをチョイスしているはずです。そんなシビアなクラブセッティングの中でセンターシャフトパターが選ばれるという事はやはり上記に挙げたメリットがプロ達にとってもとても大きなものであることが想像できます。

まとめ

パットが自分の感覚通りに打てていない人や引っかけ癖のある人には是非一度体験して頂きたいパターです。最初は中々いいイメージが湧かないかもしれませんが、一度使用してみると、とてもシンプルで優しいクラブだという事がわかるはずです。

パターの精度向上はスコアアップの特効薬となるので、パターの精度に悩んでいる方は是非一度センターシャフトパターの良さを体験してみて下さい。

下記記事では2017年おすすめのピン型・マレット型のセンターシャフトパターを紹介していますので、購入時の参考になれば幸いです。

迷ったらコレ!2017年おすすめのマレット型センターシャフトパターを紹介どうも、ミッツ(@Mitsu0202H)です。 センターシャフトのパターは日を追うごとにプロ達の間で使用者が増えてきているのが現状...
迷ったらコレ!2017年おすすめのピン型センターシャフトパターを紹介どうも、ミッツ(@Mitsu0202H)です。 ツアープロの間でも人気のセンターシャフトのパター。当ブログでもセンターシャフトパタ...

こちらはセンターシャフトパターではなく、Odyssey(オデッセイ)の新作パター紹介記事です。あわせてどうぞ。

パターで迷ったらコレ!2018年オデッセイのおすすめ新作パターを紹介!どうも、ミッツ(@Mitsu0202H)です。 2018年に入りオデッセイから続々と新作のパターがリリースされています。ツアー使用...

ありがとうございました。

 

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です