ゴルフクラブ

クラブ購入はオーダーがおすすめ!自分にピッタリのクラブを手に入れる方法

ゴルフクラブは1本1本がとても高額なスポーツ用品です。もし自分に合っていないクラブを購入してしまったら・・と購入前に悩んでしまう方は多いと思います。

気になるクラブをメーカーHPや口コミサイトを見ていざお店に行っても、実際お店に置いてあるクラブの数には限りがあるので、本当に自分に合ったクラブをその店で購入できるかどうかと言われるとその可能性は極めて低いです。

年々クラブバリエーションが増加していく中で、本当に自分に合うクラブを購入する為にはどうしたらいいのかを紹介していきますので、今後のクラブの購入の際に役立ててみて下さい。

標準仕様クラブの購入には注意しよう

量販店や直営店に置いてあるクラブは主に標準仕様品です。標準仕様品とは、そのクラブ毎のコンセプト・ターゲットユーザーの大半に合うスペックとしてヘッド・シャフト・グリップなどのパーツの組み合わせを決めています。要は狙いの層の平均的なスペックとなっています。

その標準的なスペックが本当に自分に合っていれば店頭ですぐにでも購入して良いと思いますが、実はオーバースペックで自分の短所が余計にひどくなるなど、標準というだけで決めてしまうのは危険な判断だと感じます。

オーダーメイドはどんな注文が出来るのか?

近年のクラブバリエーション増加に伴い、ゴルフメーカー側もフィッティングなどに力を入れているところが多くなってきています。

ヘッドとシャフトの多様な組み合わせ指定のほか、ライ・ロフト角や、クラブ長さ・バランスなどのスペック変更があります。自分が過去に勤めていたメーカーでは、グリップを挿入する際に下に巻く両面テープの巻く回数や巻き方などの指定もありました。

エクステリアとしてはメッキ種類や塗装色指定、ヘッドの文字刻印の塗料色まで指定出来たりするメーカーもあります。

このようにスペック面から外観まで自分の望み通りに指定できるオーダーメイドクラブはやはり魅力的です。次にゴルフクラブをオーダー購入することのメリット・デメリットを紹介します。

オーダーメイドクラブのメリット・デメリット

やはりオーダーの一番の強みはクラブメーカー指定のヘッド・シャフト以外からも組み合わせが選べ、自分に合ったクラブを組み立てて貰えることです。特に三菱レイヨン・グラファイトデザイン・フジクラなどのシャフトメーカーはクラブメーカーと違いシャフトに特化した製造をしていますので、非常に特徴的なシャフトが揃っています。ちなみに松山英樹プロは以前からグラファイトデザイン社のTOUR ADを使用しているようです。

組み合わせ以外のメリットとして、自分のスイングや持ち球に合ったスペックの微調整や外観のカスタマイズが出来る点や、自分だけのオリジナルクラブを持つとクラブへの愛着も湧き、練習のモチベーションアップにも繋がる事にも期待できます。

デメリットですが、基本的なスペックの変更費用は比較的安価で済むものがほとんどだと思いますが、例えば角度指定は1本\500など調整に費用が発生します。外観の変更(メッキや塗装指定)については、数千円~となると思います。

あと、極稀なケースではありますが発売したばかりの人気があるクラブはオーダーが集中するため、注文から納品までに時間が掛かる場合があります。とはいえ、その時期さえ被らなければ1週間程度で手に入ると思います。

まとめ

ゴルフは一打一打が一発勝負のスポーツです。その一発のショットがいかに自分のイメージ通り精密に打てるかが重要になり、それを左右する大きな要因としてゴルフクラブが大きく関わってきます。

これからクラブ購入予定で、今まで標準品をただ試打しただけで購入していた方は自分にピッタリなクラブをオーダー購入してみてはいかがでしょうか。皆さんがこれから手にするゴルフクラブが今の自分にピッタリなクラブである事を願います。

ありがとうございました。

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です